四十肩・五十肩

アキュスコープによる治療
こんな四十肩・五十肩でお悩みではないでしょうか?

・肩が上がらない。
・肩を上げるときに痛みがある。
・寝るときに肩が痛い。
・肩の上がる角度が左右で異なる。
・昔から、肩甲骨(けんこうこつ)の動きが悪い。
・肩をムリに使った。
・“立ち姿勢”や“座り姿勢”が良くないと言われる。

腰痛を放っておくと?

・治癒まで長い時間を要する。
・他の疾患(しっかん)を併発する。
・ずっと痛みが残り、可動域が制限される。


四十肩・五十肩は、特に原因がなく肩の痛みがあらわれ、
肩を上げられなくなります。
とくに40〜50歳代の方に発症することが多いため
五十肩と言われますが、30歳代の方で発症するケースもあります。

四十肩・五十肩と一口で記しても病態は様々です。

・肩峰下滑液包炎(けんぽうかかつえきほうえん)
・上腕二頭筋腱鞘炎(じょうわんにとうきんけんしょうえん)
・癒着性関節包(ゆちゃくせいかんせつほう)
・腱板炎・腱板断裂(けんばんえん・けんばんだんれつ)
などがあり、それぞれに施術法が異なります。

 

四十肩・五十肩の病期は、一般的に下記の三期に分けられます。

@急性期(発症から2週間) 
鋭い痛みが四六時中持続し、肩の動かせる範囲が著しく狭い状態が続く。

A拘縮期(急性期後6ヶ月くらいまで) 
肩の痛みは落ち着いているが、動きの範囲が狭い状態が続く。

B回復期(発症後6ヶ月〜1年くらいまで) 
痛みが少し残るが、
肩を動かせる範囲がだいぶ回復し、日常生活のほとんどが支障なく過ごせるようになる。

 

当院では、できるだけ早く回復し、痛みのない生活に戻っていただくために
患部のみではなく、身体全体のバランスを診察して施術いたします。

四十肩・五十肩を発症する方の多くは、背骨のS字カーブの崩れ
胸郭(肋骨まわり)が硬くて動きが悪いことが見受けられ、
患部の施術と並行して、全体バランスを整えることにより早期回復を図ります。

四十肩・五十肩のお悩みは私たちにご相談ください!