ひざ痛

ねんざ

こんなひざ痛でお悩みではないでしょうか?

・深くひざを曲げられなくなった。
・正座ができなくなった。
・階段の昇り降りがツラい。
・ひざに水がたまっては、病院で抜いてもらっている。
・痛み止めの注射はもう打ち続けたくない。


ひざ痛を放っておくと?

・手術をしなければならなくなる。
・ひざの痛みをかばって、腰や首などが痛くなる。
・歩くことが困難になる。
・関節の変形を起こし、重症になると手術が必要となる。


ひざは、構造的にとても不安定で、負担が集中しやすい場所です。
また、ひざの痛みの原因はひざ以外のところにあることが多く、
ひざだけにマッサージや電気治療などを行っていると、
そのときは痛みがとれても、また痛くなってしまう可能性があります。
さらに、ひざをかばっているうちに身体の別のところまで痛める危険性もあります。


一時的に痛みを軽くするだけの通院生活はもうやめませんか?

ひざが痛くなる正しい原因を知り、
その場しのぎでない解決策を一緒に探してみませんか?


ひざ痛のお悩みは私たちにご相談ください!